製品情報

その他

貯水池循環装置(レイクリフター)

水に新たな命をふきこむレイクリフターシステム

大規模な対流により底層水と酸素を多く含んだ表流水を混合させ、水域浄化を図るシステムです。

 水の上下対流が悪くなる時期(水温成層が形成されやすい夏季)に、生態系の正常な活動を助けます。

 異臭味の発生する貯水池、藻類が異常発生する湖沼やダムなどで大きな効果を発揮します。

貯水池循環装置(レイクリフター)3
貯水池循環装置(レイクリフター)2
貯水池循環装置(レイクリフター)1

特長

1.富栄養化の防止
 レイクリフターが起こす水の循環作用によって、藻類の異常発生を抑えます。
2.底層水の水質改善
 さらに、レイクリフターが起こす循環作用によって、鉄、マンガン、アンモニア、硫化水素など水質障害となる要素を抑制することができます。
3.氷結の防止
 水面が凍結するような寒冷地の湖沼でも、大規模に水を対流作用させるため、上下層の水温を均一化して、凍結を防ぎます。
4.酸性化の防止
 酸性雨による水の酸性化に対しては、石灰などの中和剤を投入しながら撹拌するので、より効果的な改善が図れます。
5.安全性は保証済み
 自然の力を最大限に生かしたシステムなのでとても安全です。

経済性抜群

 シンプルな構造と強硬な素材で耐久性抜群。しかも、省エネ設計と徹底した省力化の実現で、ランニングコストを大幅に低減できます。

構造と原理

 地上に設置されたコンプレッサーから送り出された空気を一定量空気室に蓄積すると、逆サイフォン作用によってできた空気弾を、 空気室中央の内室管開口部から矢印のように一挙に噴出させます。
 このとき、エアリフト現象を起こし、揚水筒内の水を押し上げるとともに、下部吸水口から底層水を吸水します。揚水筒上端の開口部から放出された底層水は、周囲の水を巻き込みながら表層まで上昇し、富酸素の表層水と混合して酸素を取り入れます。
商品についてのお問合せはこちら